White Structure

About us

Our Philosophy

​私たちの目指すこと

分子生物学分野の知見と
最新の科学技術の融合により
​生物の未知のはたらきを発見・解明・技術移転する

水と緑に恵まれた日本には、素晴らしい能力をもった動植物や、共生する微生物など、非常に豊かな生態系が存在しています。しかし、それらの生物がもつ「機能」については、まだまだ研究が進められておりません。京大発ベンチャーHOLO BIOは、京都や滋賀など、日本各地の地域固有の生物がもつユニークな機能に着目。最新の科学技術と分子生物学分野の知見から、社会を支える革新的技術を生みだします。

試験管

地域の生物研究を促進する
ネットワークの形成

研究の一線を退いたシニア研究者も、発想を変えることで、これまでとは違う”新しいサイエンス”に挑戦することができます。私たちは、シニア研究者の起業や社会進出を支援し、市民や企業、研究機関と一体となって地域社会を活性化させる仕組みづくりに取り組みます。自然をより深く理解し利用する「自然と生物の時代」を目指して、地域の生物研究を支えるネットワークを構築したいと考えています。

aboutus.png

​代表紹介

image4-2.png

代表取締役社長京都大学名誉教授
梅田 眞郷 

Masato Umeda

東京大学薬学系大学院 博士課程修了、薬学博士。東京都健康局副参事、東京都臨床医学総合研究所炎症研究部門長、京都大学化学研究所教授等を経て、平成22年4月、京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻教授に着任。令和2年3月、京都大学を定年退職して京都大学名誉教授となり、同年4月にホロバイオ株式会社を設立。

​メンバー

yamashita.jpg

研究統括
山下 誠 

Makoto Yamashita

東京大学薬学部卒業・薬学博士。

第一三共株式会社で抗インフルエンザ薬イナビルを開発、東京大学医科学研究所・特任教授を経てホロバイオに参画。

juni.jpg

​研究部長

從二 直人

Naoto Juni

北海道大学理学部卒業・理学博士。

京都大学大学院工学研究科にて分子生物学の研究に従事し、ホロバイオの立ち上げに参画。

水藤拓人のコピー-2.jpg

研究員
水藤 拓人 

Takuto Suito

京都大学工学部卒業・工学博士。

工学研究科合成・生物化学専攻にて博士号を取得し、生理学研究所リサーチフェローとして、腸内細菌のメタゲノム解析に従事。

企画・広報
土谷 真咲

Masaki Tsuchiya

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科卒業。

国立大学、企業等にて広報職を経験。広報戦略に基づいたテキストライティング、編集、デザイン等を手がける。

​会社概要